ネットワーク

BUFFALO製NAS HDD「LS410D」のファームウェア更新

投稿日:2017年8月3日 更新日:

NAS HDDとしてBUFFALO製のLS410Dシリーズを使っていますが、容量が2TBでそろそろ残容量が少なくなってきた。その影響なのかPanasonicのTV、ビエラから時々DLNA接続できなくなることがあった。PCから接続すると普通に接続できる。仕方ないのでLS410Dの再起動をかけると、何事もなかったように接続でき、しばらくは使える。そのような繰り返しだったのですが、最近はPCからも接続できなくなることが発生。再起動かけると使えるが、エラーが出る間隔が短くなってきた。ユーティリティのNAS Navigator2で調べるとファームウェアの更新が出ていたので、ダメ元で更新することにした。

ファームウェア更新方法

設定済のIPアドレスにブラウザーからログイン
>[詳細設定]をクリック

パスワードを入力して[OK]をクリック

お知らせで「新しいファームウェアがあります」と表示されているので、[OK]をクリック

管理>アップデートの右端のアイコンをクリック

新しいファームウェアがありますと表示されるので[OK]をクリック

アップデートの内容が表示され、確認後[アップデート実行]をクリック

確認番号が表示されるので、その番号を入力して[OK]をクリック

ファームウェア更新中…

ファームウェアの更新が完了したら[OK]をクリック

管理画面を見ると最新のファームウェアが適用されていることがわかります

以上でファームウェアの更新は完了しました。まだ1週間経っていませんが、今のところトラブルはありません。しばらく様子をみてみますが、感覚的に不具合が治った気がします。

 

-ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VPNって何なの?

インターネットは便利ですが、セキュリティには注意が必要です。一番簡単なのが覗き見です。ごく普通にメールのやりとりをしていると思いますが、メールは平文(暗号化されていないテキストデータ)なので誰でも見る …

no image

フレッツ光のサービス情報サイトから「IPv6オプション」を申し込むには?

「IPv6折り返し通信」をするためには、フレッツのサービス情報サイトからIPv6オプションを申し込む必要があります。サービス情報サイトはインターネットではないので、新たにPPPoE設定をする必要があり …

YAMAHAルーター「RTX1210」でポートVLANの設定方法

RTX1210のLAN1ポートは8個あり、通常は同一セグメントのスイッチングハブ(ギガビット)として機能しますが、「ポートVLAN機能」を使えばポートごとに仮想的に異なるセグメントにすることが可能にな …

電話主装置による転送機能

YAMAHA RTシリーズ(RT57i,58i.RTV700等)のカスケード機能やNTTのボイスワープを使うと、どこにいても電話を受けることができ便利です。ただボイスワープの場合転送を開始・停止する必 …

no image

音楽配信(その2)

2月から有線放送を解約して、SONYのnet jukeによる音楽配信をしていることを以前記事にしました。もともと有線放送はケーブルの引き込みとチューナーの貸出とスピーカーの設置がセットになっていて、解 …

2019年11月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。