ネットワーク

BUFFALO製NAS HDD「LS410D」のファームウェア更新

投稿日:2017年8月3日 更新日:

NAS HDDとしてBUFFALO製のLS410Dシリーズを使っていますが、容量が2TBでそろそろ残容量が少なくなってきた。その影響なのかPanasonicのTV、ビエラから時々DLNA接続できなくなることがあった。PCから接続すると普通に接続できる。仕方ないのでLS410Dの再起動をかけると、何事もなかったように接続でき、しばらくは使える。そのような繰り返しだったのですが、最近はPCからも接続できなくなることが発生。再起動かけると使えるが、エラーが出る間隔が短くなってきた。ユーティリティのNAS Navigator2で調べるとファームウェアの更新が出ていたので、ダメ元で更新することにした。

ファームウェア更新方法

設定済のIPアドレスにブラウザーからログイン
>[詳細設定]をクリック

パスワードを入力して[OK]をクリック

お知らせで「新しいファームウェアがあります」と表示されているので、[OK]をクリック

管理>アップデートの右端のアイコンをクリック

新しいファームウェアがありますと表示されるので[OK]をクリック

アップデートの内容が表示され、確認後[アップデート実行]をクリック

確認番号が表示されるので、その番号を入力して[OK]をクリック

ファームウェア更新中…

ファームウェアの更新が完了したら[OK]をクリック

管理画面を見ると最新のファームウェアが適用されていることがわかります

以上でファームウェアの更新は完了しました。まだ1週間経っていませんが、今のところトラブルはありません。しばらく様子をみてみますが、感覚的に不具合が治った気がします。

 

-ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FFFTPの設定を他のPCに移行

FTPクライアントソフト「FFFTP」を他のPCで使う場合、設定をやり直すのは面倒くさい。古いPCのFFFTPの設定をファイルに保存して新しいPCに復元することができます。 目次1 FFFTPの設定を …

TeraTermによるYAMAHAルーターログイン時における文字化けを解消

Tera TermでRTX1210にログインして#show environmentにより現在の状態を表示させたところ、日本語表示が文字化けしている。 文字コードがデフォルトでUTF-8になっているので …

no image

ONU一体型ひかり電話ルータ「PR-400NE」をONUとルーターに分離する方法

以前使っていたひかり電話ルータ「RT-200KI」はONUと電話ルータが分離していて、以下のようにつなぐのが通常のやり方です。RT-200KIでPPPoEパススルー設定ONにすればRT-200KIがハ …

no image

フレッツ・セッションプラス

ひかり電話はVoIPルーター「RT200KI」(沖電気製)を使っていますが、設定変更した場合再起動する必要があります。ひかり電話は通話時にはセッションは利用しません RT200KIの電源立上げ時 最新 …

ひかり電話とRT57iの共存方法

ひかり電話は専用のVoIPアダプターがNTTから送られてきます。沖電気製の「RT200KI」を使っていて、ルーターとしての機能も備えています。そのままルーターとして使うことも可能ですが、元々使っている …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Top