WPプラグイン

「Siteguard WP plugin」導入してWordPressのログインセキュティを高める

投稿日:2016年5月20日 更新日:

WordPress管理画面にログインは、http://[独自ドメイン]/wp-login.phpにアクセスするようになっているので、ドメインがわかればランダムにログイン攻撃ができます。もし簡単なパスワードを設定していると、ログインされてしまうリスクがあるのでセキュリティ上好ましくありません。

SiteGuard WP Pluginは、、管理ページのログインに関する攻撃からの防御に特化したセキュリティプラグインで、WordPressにインストールするだけで、セキュリティを向上させることができます。以前はplugin検索してインストールする必要がありましたが、今ではWordPressをインストールするとデフォルトでインストールされています。

インストール方法

WordPress管理画面にログインするには、通常http://[独自ドメイン]/wp-login.phpになっています

20160520_080928_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

ダッシュボードからプラグイン>[新規追加]をクリック

20160520_080546_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

右上の検索からsiteguard…と入力すると「Siteguard Wp Plugin」が表示、[今すぐインストール]をクリック

20160520_081033_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

プラグインを有効化

20160520_081046_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

管理画面のログインURLが変わるのでクリックしてブックマークに登録し直す

20160520_081101_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

下のように[独自ドメイン]/login_[5桁の数字]に変更されました

20160520_081135_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

ログインすると

  • ユーザー名またはメールアドレス
  • パスワード

以外にその都度4文字のひらがなを入力する必要があります

20160520_081136_Siteguard WP pluginによるログインセキュリティ

以上で不正に管理画面にログインされることは少なくなると思われます。

 

-WPプラグイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressでEXIF情報を自動削除してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」

GPSデジカメやスマホでGPSをONにしていると、位置情報がEXIF情報として写真に保存されます。EXIF情報は他に撮影日、撮影条件、機器名等があり、ブログで写真をアップすると知らないうちに個人情報が …

WordPressのログインに二段階認証を設定してセキュリティを高める

WordPressの脆弱性のため安易なパスワードログインだと総当たり攻撃を受ける可能性があります。せっかく書いたブログが改ざんされたり、全消去になったら大変。WordPressにも二段階認証プラグイン …

WordPressのアクセス解析は「jetpack」が便利!

WordPressのアクセス数解析は「Count per Day」を使っていたが、ロボットとかもカウントするので実際の訪問者より2割増くらい多い。またアクセス数が増えてくると起動が遅くなるとか言われて …

WordPressプラグイン「Imsanity」を使って画像を自動縮小アップロード

デジカメやスマホのカメラ性能が良くなり、写真の画素数が多くなっています。画素数が多い方が綺麗に印刷できますが、ディスプレイに表示するときは拡大されて一部しか見えない場合もあります。ブログなどのWebに …

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Top