WPプラグイン

WordPressプラグイン「Imsanity」を使って画像を自動縮小アップロード

投稿日:2016年2月22日 更新日:

デジカメやスマホのカメラ性能が良くなり、写真の画素数が多くなっています。画素数が多い方が綺麗に印刷できますが、ディスプレイに表示するときは拡大されて一部しか見えない場合もあります。ブログなどのWebにアップするときは縮小したほうがサーバー容量の節約になるし、表示スピードも上がることが期待できます。

今使っているエプソンのノートPCの画面の解像度は「1366✕768」なので、それ以上の画像はディスプレイからはみ出してしまいます。最大幅と最大高さをその範囲内に収まるように設定すればちょうどいい大きさでみることができます。

今までEXIF eraserを使って画像を縮小していましたが、WordPressでは画像を自動縮小してアップロードしてくれる便利なプラグイン「Imsanity」を使えば楽になりますよ。

設定

Insanityの[settings]をクリックすると、画像の最大幅および最大高さが2048になっています。

20160222_081148_Imsanityを使って画像を自動縮小

  • 投稿からアップロードするときは600✕400
  • メディアライブラリーに直接アップロードするときは800✕600

に設定してみました

20160222_090457_Imsanityで画像を自動縮小アップロード

メディアライブラリーから[新規追加]

20160222_090540_Imsanityで画像を自動縮小アップロード

添付ファイルの詳細を見るともともと6000✕4000の画像が800✕533に自動縮小されています

20160222_090627_Imsanityで画像を自動縮小アップロード

今度は投稿から画像をアップロード

20160222_090838_Imsanityで画像を自動縮小アップロード

画像は600✕400に自動縮小されています

20160222_090909_Imsanityで画像を自動縮小アップロード

画像関係のプラグインは他にEWWW Image Optimizerを入れておけば完璧ですね。

-WPプラグイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressでEXIF情報を自動削除してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」

GPSデジカメやスマホでGPSをONにしていると、位置情報がEXIF情報として写真に保存されます。EXIF情報は他に撮影日、撮影条件、機器名等があり、ブログで写真をアップすると知らないうちに個人情報が …

「Siteguard WP plugin」導入してWordPressのログインセキュティを高める

WordPress管理画面にログインは、http://[独自ドメイン]/wp-login.phpにアクセスするようになっているので、ドメインがわかればランダムにログイン攻撃ができます。もし簡単なパスワ …

WordPressのアクセス解析は「jetpack」が便利!

WordPressのアクセス数解析は「Count per Day」を使っていたが、ロボットとかもカウントするので実際の訪問者より2割増くらい多い。またアクセス数が増えてくると起動が遅くなるとか言われて …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Top