ネットワーク

音楽配信(その2)

投稿日:2009年2月24日 更新日:

2月から有線放送を解約して、SONYのnet jukeによる音楽配信をしていることを以前記事にしました。もともと有線放送はケーブルの引き込みとチューナーの貸出とスピーカーの設置がセットになっていて、解約するとチューナーを引き取りに来て、ケーブルを切断していきます。スピーカーに関しては天井に取り付けてある場合撤去することができないのではそのままのことが多いようです。

PC用に売られているスピーカーなら中にアンプが内蔵されているのでそのままで十分音量が出るのですが、有線用のスピーカーをPC用のスピーカーとして使うためにはPCとスピーカーの間にアンプをかませる必要があります。

アンプをPCとスピーカーの間に設置する方法

PCの出力端子はステレオミニ端子で、これをアンプ側で赤白の2端子に分ける必要があります。探せば売っているのかもしれませんが、知り合いの半田の達人さんに端子を作成してもらいました。

接続方法

PC側(ステレオミニ端子)-(赤白端子)アンプ-スピーカーの順になります。この方法なら音量はアンプの音量調節だけででき便利です。PCの音量調節は一定にしておきます。武蔵浦和院には天井に3つのスピーカーがあるのでアンプのスピーカー端子に3本接続しました。

DIXIM

歌謡曲からクラシック、ロックなどをCDから録音してnet jukeをDLNAサーバーとして岩槻院と武蔵浦和院に配信しています。
DLNAクライアントのDIXIMは3ライセンス用のソフトを購入したので、あまったライセンスを自宅のリビングのPCで使用しています。MP3なら同時に5-6クライアントが音楽を聴けるようです。iTunesも音楽配信用にサーバー設定できるようなのでDIXIMの画面に出てきます。武蔵浦和の駅にCDレンタルショップがあるのでそれを借りてきてnet jukeにCDコピーするのですがnet jukeは自宅にあるので持って帰って録音して返却するのも面倒くさいです。そのため借りてきたCDを武蔵浦和院でwindows media playerでMP3(256kB)で書き込みそれをnet jukeに転送すればよいことに気がつきました。この方法ならレンタルCDを録音後すぐに返却でき便利です。

-ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YAMAHAルーター「RTX1100」設定バックアップ

YAMAHAルーター「RTX1100」の設定を変更することはほとんどなくなりましたが、故障に備えてバックアップは必ずとっておきましょう。RTX1100は生産終了していますので、故障した時は「RTX12 …

TeraTermによるYAMAHAルーターログイン時における文字化けを解消

Tera TermでRTX1210にログインして#show environmentにより現在の状態を表示させたところ、日本語表示が文字化けしている。 文字コードがデフォルトでUTF-8になっているので …

YAMAHAルーター「RTX1200」の管理者パスワードがわからなくなった場合

Ipv6折り返し通信に使っているRTX1200の管理者パスワードがわからなくなってしまった。昨年の2016年11月からIPv6折り返し通信のみで運用していて、一度も途切れたことがないのでそのままにして …

YAMAHAルーターすべてに使える「tftpコマンド」によるファームウェア更新方法

ファームウェアの更新はRTX1210の「ネットワークの見える化」により簡単にできるようになりましたが、Windowsの「tftpコマンド」を使えばYAMAHA製ルーターすべてにファームウェアの更新をす …

YAMAHAルーター「RTX1210」でネットボランチ登録

プロバイダと固定アドレス契約をしている場合はいつも同じIPアドレスでインターネットにつながりますが、通常はプロバイダからあいているIPアドレスがリースされます。普通はそれで問題ないのですが、外からイン …

2020年11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。