ファイルメーカー

日本郵便から郵便番号データをダウンロードしてFileMakerに取り込む方法

投稿日:2018年1月15日 更新日:

ファイルメーカーで郵便番号を入力したとき、都道府県名や市区町村データが自動入力されれば入力の手間が省けます。その前提として郵便番号データが必要になるのですが、日本郵便でデータが公開されていますのでダウンロードしてファイルメーカーファイルに変更してみましょう。

郵便番号データダウンロード

都道府県一覧から右下の「全国一括」をダウンロード

圧縮ファイル「ken_all.zip」がダウンロードされました

圧縮ファイルを解凍します。右クリックして[すべて展開]をクリック

展開先の選択は圧縮ファイルと同じデスクトップを指定し、[展開]をクリック

CSVファイル「ken_all.csv」が解凍されました

ファイルメーカーを起動して、CSVファイルをドラッグ&ドロップ

フィールド名がないのでデータを選択して[OK]をクリックすると、フィールド名がf1、f2、・・・・と順番にフィールド名がつけられます

デスクトップに郵便番号.fp12という名前をつけて保存

インポート中…

以下のようにデータがファイルメーカーに取り込まれました

f1、f2・・・ではデータ内容がわからないのでフィールド名を変更しておきましょう。

ファイル>管理>[データベース]をクリック

f1から順番にフィールド名を変更します

全部変更できたら[変更]をクリック

以下のようにわかりやすいフィールド名に変更されたファイルメーカーファイルが出来上がりました

-ファイルメーカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FileMaker Pro14のインストールとアップデート

今でもFileMaker Pro6で作ったファイルが残っていますが、最新バージョンアップは14になっています。新しいデータベースは14で作ろうと思い、インストールしてみました。ボリュームライセンス(5 …

FileMaker で「条件付き書式」設定をして入力ミスをなくす

ファイルメーカーで入力必須の「フィールド」内容が未入力になっている場合、目立つように表示してくれると便利です。Ver.6までは、未入力チェックフィールドを計算式で作成して、そのフィールドを目的のフィー …

FileMaker でボタンバーを設定

ファイルメーカーでナビゲーションを作るには以前のバージョンだとちょっとしたコツが必要でした。□のブロックを作って、背景色を塗りつぶし、ボタンを設定することで画面変更とかを実現していました。 下の場合だ …

FileMaker Pro7のインストール

FileMaker ProからURLを開く方法

ファイルメーカーからダイレクトにURLを開くように設定することができます。 目次1 Altを押しながらフィールドをクリックしてURLを開く1.1 新規フィールドを追加1.2 新規フィールドをレイアウト …

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Top