ファイルメーカー

FileMaker でボタンバーを設定

投稿日:2017年4月24日 更新日:

ファイルメーカーでナビゲーションを作るには以前のバージョンだとちょっとしたコツが必要でした。□のブロックを作って、背景色を塗りつぶし、ボタンを設定することで画面変更とかを実現していました。

下の場合だとファイルメーカー.fp5で作った資産管理を.fp12にコンバートしたものですが

  • 基本画面
  • 管理情報
  • ログイン画面
  • 残高確認
  • 株式・外貨
  • 変更履歴

の6つのブロックを作って、ボタン設定をすることにより画面が変わるようになっています。アクティブな画面はボタンの背景を白、その他は画面背景をグレーに設定してあります。これで十分使えるのですが、位置合わせをして見た目を良くするなどの工夫が必要になり、ちょっと面倒くさい。

管理画面のボタンをクリック、インスペクタ>[外観]で確認すると、グラフィックの塗りつぶしを「単色」「グレー」に設定されているのがわかります。

アクティブウインドウの基本画面の背景は「単色」「白色」が設定されています。

今回はこの部分をファイルメーカーに実装されている「ボタンバーの設定」で改良してみましょう。

ボタンで作ったナビゲーションバーを削除しておきます。

ナビゲーションバーが削除されました。

ボタンバーの設定

ボタンバーの挿入

挿入>[ボタンバー]をクリック

ボタンバーの数を調整

グレーのボタンバーが3個できています。これを6個にして高さ、位置を調整します。+ボタンを押すとボタンの数が増えます。

ボタンが6個に増えました。

ボタンバーの大きさを変更

ボタンバーを選択して、インスペクタから高さを今回は0.8cmに変更

高さが低くなりました。

ボタンバーの位置を変更

レイアウトに位置変更をしやすくするために、グリッドを表示しておきます。表示>グリッド>[グリッドを表示]をクリック

ヘッダを選択して高さを2cmにします。

ボタンバーの下辺をヘッダー下辺の2cmに揃えます。

ボタンバーのスクリプト設定

下のようにナビゲーションメニューの外観が出来上がりました。一番左のボタンを選択してボタンバー設定をしていきます。

基本画面と入力、右のメニューからレイアウトの変更を選択

レイアウトの切替え>[レイアウト]をクリック

目的とするレイアウトを選択>[OK]をクリック

[OK]をクリック

ボタンバーの完成

他の5つのナビゲーションも同様に設定すると、以下のようなナビゲーションバーが出来上がります。

ブラウズモードにして確認すると、クリックしたところの色が薄くなるように自動設定されています。

以上できれいにナビゲーションメニューが出来上がりました。

-ファイルメーカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FileMaker Proの外部ファイルを内部テーブルにコンバートする方法

ファイルメーカーVer6までのファイル「.fp5」は一つのファイルに複数のテーブルを持つことができません。そのためリレーションを設定する場合は、新たにファイルを作成してからリレーションを設定します。当 …

File Maker 9をいまさらながらインスールしてみた!

File Makerの最新バージョンはVer.13ですが、事情があっていまだにVer.6を使っています。Ver.9まではアップグレードは済ませているので、いまさらながら使ってみようかな?と思ったわけで …

FileMaker Pro7のインストール

FileMaker Proで動画管理

データーベースを使わないで動画管理をするには、ファイル名で内容がわかるようにするくらいしか方法がありません。シリーズドラマならシーズンごとにフォルダを作成して、その中に第一話から順番に並ぶようにファイ …

FileMaker で「条件付き書式」設定をして入力ミスをなくす

ファイルメーカーで入力必須の「フィールド」内容が未入力になっている場合、目立つように表示してくれると便利です。Ver.6までは、未入力チェックフィールドを計算式で作成して、そのフィールドを目的のフィー …

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。