ネットワーク

ヤマハルーター「RTX1210」ファームウェア更新による不具合を解消するプログラム

投稿日:2018年4月3日 更新日:

ヤマハルーター「RTX1210」でファームウェア更新後に起動しなくなる等の不具合が発生すると2017年3月に報告されていましたが、5回更新しないと問題は起こらないようなので放置していました。不具合が発生する機器かどうか調べてみたところ、該当する製品シリアル番号ではありませんでした。そのまま更新してもいいのでしょうが、ヤマハのサイト通りに更新してみることにしました。

製品のシリアル番号の調べ方

  • RTX1210の箱があれば調べる
  • RTX1210の裏面を見る
  • Tera Termなどでログインして#show environmentを入力して調べる

自分のRTX1210で調べてところ、製品シリアル番号は不具合をおこす製品ではないことが確認されました。BootROMは1.03なので1.04になるように更新しておきましょう。該当する製品ではないのでしなくてもよいのかもしれませんが・・・

BootROMを1.03から1.04に更新

RTX1210対策ツールをダウンロードして起動

対象のRTX1210のIPアドレスを入力>[開始]をクリック

指定されたIPアドレスの機器を検索中…

機器が見つかりましたと表示されたら[OK]をクリック

ログインパスワードと管理者パスワードを入力して[実行]をクリック

ルーターを診断中…

問題は検出されませんでしたと表示されるので、書き込みを実行>[はい]をクリック

書き込みが完了しました>[OK]をクリック

転送が正常に終了したので[終了]をクリック

BootROMバージョンの確認

BootROMバージョンが1.04に更新されていることを確認

ファームウェア更新

ファームウェアをダウンロードして更新する方法

ファームウェア配布ページから最新ファームウェアをダウンロード

最新バージョンは14.01.20

不具合対象製品でないことの確認を求めてくるの[OK]をクリック

ソフトウェアライセンス契約の確認>[同意する]をクリック

Windows のコマンドプロンプトを起動して、以下のように入力

C:¥>tftp -i 192.168.100.1 put rtx1210.bin exec

Transfer successful: xxxx bytes in x second, xxxx bytes/s

と表示されれば成功!

詳しくはYAMAHAルーターすべてに使える「tftpコマンド」によるファームウェア更新方法

を参考にしてください。

RTX1210にログインして更新する方法

RTX1210にログインして更新したほうが簡単です。

管理タグをクリック、左のメニューから
>保守>[ファームウェアの更新]をクリック

現在のファームウェアリビジョンは14.01.14、ネットワーク経由でファームウェアを更新から[進む]をクリック

更新可能なファームウェアリビジョンは14.01.20になっているので、[実行]をクリック

ソフトウェアライセンス契約に同意する

ファームウェア更新が開始されます

LED点滅終了したら[トップへ戻る]をクリック

最新バージョンになっていることを確認してください

以上でファームウェアが最新バージョンに更新されました。

-ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

WiMAXの不振

2009年7月よりWiMAXの正式サービスが開始されたが、契約者数は思ったほど伸びていない。2.5GHz帯の無線周波数免許をめぐりソフトバンク、KDDI、ドコモ、ウィルコムの4事業者が争奪戦をして、U …

ONU一体型ひかり電話ルータ「PR-400NE」をONUとルーターに分離する方法

以前使っていたひかり電話ルータ「RT-200KI」はONUと電話ルータが分離していて、以下のようにつなぐのが通常のやり方です。RT-200KIでPPPoEパススルー設定ONにすればRT-200KIがハ …

ネットワーク上のPC情報取得するには「NetEnum」が便利!

ネットワーク上にPCおよび周辺機器が増えてくると管理が大変になります。「NetEnum4」はホスト名、IPアドレス、MACアドレス、ベンダー名を一覧表示してくれる便利なユーティリティで、株式会社リアラ …

YAMAHAルーター「RT57i」 ファームウェアバージョンアップ

YAMAHAのサイトをしばらくの間チェックしていなかったが、RT57iのファームウェアがバージョンアップされていました。 前々回のバージョンアップはDNSキャッシュポイズニングによる脆弱性のためのバー …

電話主装置による転送機能

YAMAHA RTシリーズ(RT57i,58i.RTV700等)のカスケード機能やNTTのボイスワープを使うと、どこにいても電話を受けることができ便利です。ただボイスワープの場合転送を開始・停止する必 …

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。