ネットワーク

電話主装置による転送機能

投稿日:2008年7月31日 更新日:

YAMAHA RTシリーズ(RT57i,58i.RTV700等)のカスケード機能やNTTのボイスワープを使うと、どこにいても電話を受けることができ便利です。ただボイスワープの場合転送を開始・停止する必要があるので面倒くさい。最近の主装置はこのあたりもよく考えられており、主装置にIP電話用のカードを挿し、サテライトオフィスが実現できるものも出ています。

当院ではナカヨの主装置「NYC-iA V2 modelS」を使用していますが、IP電話用のカードを入れることによりIP電話機を最大4台まで収容することが可能。5台以上必要な場合はmodelMもしくはmodelLになります。

IP電話機は従来の電話線ではなくLANケーブルで接続。IP電話機を導入するためにはあらかじめVPNを導入しておく必要があります。当院では以前はインターネットVPNを利用していましたが、今はNTTのグループアクセスライトでつないでいます。

本店と支店にVPNを導入すると、本店にだけNTT回線を契約し、支店はNTT回線の契約が不要になります。主装置にIP電話機端末用のカードを挿し、本店にかかってきた電話を本店のレガシー系電話機および支店のIP電話機に鳴るように設定すればどこにでも電話がつながります。もちろん支店からはVPNを利用して、外線発信も可能。本店で電話をとったが支店の担当者に電話をまわしたいときも、保留ボタンを押し、内線電話で支店の担当者を呼び出せば、そのまま転送することも可能。本店でも支店でも電話の使い方は全く同じなのでとても便利です。

YAMAHAの親子カスケード機能やTAの疑似転送機能は支店の電話が本店より2,3コール遅れて鳴るのですが、主装置にIP電話用のカードを挿して転送すると、ほとんど同時に本店および支店の電話が鳴ります。もちろん本店と支店の連絡は内線電話で無料電話ができます。レガシー系の電話とIP電話機には内線番号が設定可能なので内線ボタン+内線番号で相手の電話につながります。

最新バージョンのNYC-iAV3ではFMC(Fxed Mobile Convergence)も実装しています。FMCとは携帯電話を事業所の中では固定電話の子機として使え、外では携帯電話として使える機能です。NTTのFomaの一部の携帯電話だけのようですが、これも便利な機能です。

-ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YAMAHAルーター「RTX1210」configのアップロード方法

YAMAHAルーターRTX1210の設定を変更するときは、現在の設定をtftpコマンドによりダウンロードして、変更してアップロードするのが一番簡単。 ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210 …

YAMAHAルーター「RT57i」 ファームウェアバージョンアップ

YAMAHAのサイトをしばらくの間チェックしていなかったが、RT57iのファームウェアがバージョンアップされていました。 前々回のバージョンアップはDNSキャッシュポイズニングによる脆弱性のためのバー …

BUFFALO製NAS HDD「LS410D」のファームウェア更新

NAS HDDとしてBUFFALO製のLS410Dシリーズを使っていますが、容量が2TBでそろそろ残容量が少なくなってきた。その影響なのかPanasonicのTV、ビエラから時々DLNA接続できなくな …

RTX1210の「ネットワークの見える化」によりネットワーク管理楽ですよ!

ネットワーク機器やネットワーク配線は、デスクの裏側に隠していることが多いので見えにくくなっています。数が多い場合は構成図を作成しておかないと何が何だかわからなくなります。YAMAHAルーターのRTX1 …

no image

YAMAHAルーター「RTX1210」で日時の設定と同期

ルーターのログ管理をするうえで正確な日時は必須。いつどのようなアクセスがあったかわからないと、不具合の原因をつきとめるのも時間がかかってしまう。日時の設定をしてみましょう。 ヤマハ ギガアクセスVPN …

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Top