ネットワーク

RTX1210の「ネットワークの見える化」によりネットワーク管理楽ですよ!

投稿日:2016年2月5日 更新日:

ネットワーク機器やネットワーク配線は、デスクの裏側に隠していることが多いので見えにくくなっています。数が多い場合は構成図を作成しておかないと何が何だかわからなくなります。YAMAHAルーターのRTX1210の場合は、「ネットワークの見える化」によりネットワークトラブルを見つけやすくなっています。

以前使っていたRTX1100のログイン画面は視覚的には何の情報もありません。

20160205_103642_RTX1100ログイン画面

RTX1210にログインしたとき最初に出てくるのが「ダッシュボード」画面。

  • トラフィック状況
  • ポートごとのリンクアップ状況
  • ファームウェアのバージョンやMACアドレス
  • 不具合発生の有無

といった情報を一つの画面で確認できます。

20160205_085317_RTX1210みえる化

初期状態ではLANマップ機能が有効になっていないので設定しておきましょう。

メニュー上部の[LANマップ]をクリック
>右上の[設定]をクリック

必要なインターフェースのLANマップを使用するに☑をいれ、[設定の確定]ボタンをクリック

20160205_085417_RTX1210みえる化

端末情報の取得を有効化しているために、ネットワークに接続されているPC名や製造元も表示されます。またRTX1210の場合は状況の変化によりリアルタイムに構成変化が反映されるようです。

[機器一覧]または[一覧マップ]をクリックすると詳細なネットワーク構成が表示されます。

20160205_085447_RTX1210みえる化

機器一覧

接続機器を編集することも可能。接続が消失した機器はグレー表示になっています。

20160205_085640_RTX1210みえる化

一覧表示

20160205_085658_RTX1210みえる化

ネットワークの見える化はYAMAHAの無線LANアクセスポイント「WLX302」にも採用されています。電波状況をグラフィカルに表示する機能があり、空きチャンネルを見つけるのに使えそうです。今は他のAPを使っていますが、購入を検討しています。

-ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

LANケーブル|簡単なので自分で作りましょう!

インターネットをするのに欠かせないのがLANケーブル。長いLANケーブルをそのまま使っていると見た目も悪いし、配線周りがきたなくなります。LANケーブルを好きな長さで自作できれば、ケーブル周りはスッキ …

Net Analyzer for iOS

LAN情報を調べるのに、WindowsだとNetEnum4が便利なのですが、iOS用の無料アプリ「Net Analyzer」も同様の機能を備えています。検索時間も速くて、NetEnumでは検索されなか …

no image

Bフレッツ

やっと武藏浦和はADSLからFTTH(光ファイバー)に変更できました。だいぶ前からNTTに依頼していたのですがライブタワーの店舗は光ファイバーにできないとのこと。マンションは可能なのに店舗までファイバ …

TeraTermによるYAMAHAルーターログイン時における文字化けを解消

Tera TermでRTX1210にログインして#show environmentにより現在の状態を表示させたところ、日本語表示が文字化けしている。 文字コードがデフォルトでUTF-8になっているので …

FFFTPの設定を他のPCに移行

FTPクライアントソフト「FFFTP」を他のPCで使う場合、設定をやり直すのは面倒くさい。古いPCのFFFTPの設定をファイルに保存して新しいPCに復元することができます。 目次1 FFFTPの設定を …

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
Top