その他

ウイルス対策

投稿日:2010年4月20日 更新日:

インターネットで何でもできるようになり便利になりましたが、セキュリティには十分注意しないとウイルスに感染してしまいます。今ではネットバンクは1/3の人が使うようになっているので、ログオンIDやパスワードを第三者に知られると引き出されてしまいます。

ただ銀行などの金融会社は二重、三重のセキュリティを施しているので簡単には悪用できないようになっています。例えばログオン用のパスワードと取引用のパスワードを別々に用意したり、振込をするときは個々に送付された表形式の番号をランダムに入力させたりしています。全く気にしないとどうなるか予想がつかないので、最低限ウイルス対策ソフトを導入する必要があります。以前に比べるとウイルス対策ソフトも安価になり、ソースネクスト社から10年間アップグレード無料のソフトが出てから各社とも安くなってきました。Nortonとかマカフィーとかのメジャーなソフトもどんどん安くなっています。フリーのソフトであるavastを導入しても構わない。個人利用ならメールアドレス登録さえすれば無料で利用可能。機能も問題なさそうだが、ファイアーウォール機能がついていないのでWindowsのものを使うしかない。

最近多数のWebサイト改ざん被害が報告されている「Gumblar」(ガンブラー)ウイルスはAdobe Reader/Acrobatの未修正の脆弱性も使用している。Gumblarは感染用のスクリプトが埋め込まれたWebページを閲覧するだけで感染する危険があります。ウイルス対策ソフトを導入する以外にAdobe関係、Java、Windowsの各製品を最新バージョンにアップデートする必要があります。

セキュリティ対策

  • OSを常に最新版を使用
  • WindowsならUpdate自動実行設定ON
  • ウイルス定義ファイルを最新の状態に更新
  • ウイルス検知機能ON
  • ソフトウェアを常に最新の状態にアップデート

MyJVN 脆弱性対策情報収集ツール

個々のソフトで最新版をチェックするのは面倒くさいですが、MyJVN 脆弱性対策情報収集ツールを利用すると便利。今のところWindows7は未対応になっていますが、OSがXPやVistaの場合は利用可能。

最新版を確認できるアプリ

  • Adobe Reader
  • Adobe Flash Player
  • JRE(java)
  • lhaplus
  • Quick time
  • Mozilla Firefox
  • Mozilla Thunderbird

USB自動接続をOFFにしているかどうかも確認できる。ウイルス感染しているUSBメモリをUSBにつけ、自動接続ONになっているとそのまま感染してしまう。通常はOFFにしておいた方が安全。



-その他
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nanaco

最近は「suica」で私鉄運賃の支払いができ、電子マネーも便利になってきました。コンビニはセブンイレブンを使うことが多いので「nanaco」を使っています。小銭がふえないので便利なのですが、チャージす …

Google日本語入力システム

Googleの日本語入力があるのを知らなかった。日本語入力FEP(フロントエンドプロセッサ)までGoogleが開発するようになった。 ほとんどの人がWindowsを使っているが、マイクロソフトが提供し …

巻取り式の有線マウス

Bluetoothマウスは消費電力が少ないので、電池は長持ちしてします。欠点はたまに動かなくなるときがあります。また外に持ち出すときどこに入れたか忘れたり、置き忘れることもあるかもしれません。確実に使 …

FileZillaの設定を移行(Windows→Mac)

最近はMac Book Proを使うようになったので、Macでも使えるFTPクライアント「FileZilla」の設定をWindowsからMacに移行しておきましょう。 目次1 設定をWindowsから …

FileZillaの設定を移行(Windows→Windows)

FileZillaはWindowsだけでなくMacでも使えるFTPクライアント。FTPSやSFTPに対応していてセキュリティ上も問題ない。以前はffftpとかを使っている人が多かったが、今ではFile …

2021年1月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。