ネットワーク

YAMAHAルーター「RT57i」 ファームウェアバージョンアップ

投稿日:2009年9月20日 更新日:

YAMAHAのサイトをしばらくの間チェックしていなかったが、RT57iのファームウェアがバージョンアップされていました。

前々回のバージョンアップはDNSキャッシュポイズニングによる脆弱性のためのバージョンアップだったのでセキュリティ上必要でした。前回はRT57iの大幅な機能の追加。今回は機能の追加マイナーバージョンアップ。

以前ブログで紹介したことがありますが、方法は3通り

  1. RT57iにログインしてバージョンアップするのが一番簡単。ただRT57iがdefault gatewayとしてインターネットに接続されていないとできない。
  2. Rt-Revupperのexeファイル(実行ファイル)をダウンロード
    →実行ファイルを起動
    →RT57iのプライベートアドレスを指定してバージョンアップする。これも簡単にできる。
  3. 最後の方法はYAMAHAルーターすべてに適用できる方法で、binファイル(バイナリーファイル)をダウンロードしてDOSプロンプトからcommand入力してバージョンアップする方法。この方法だと実行ファイルによるファームウェア更新ファイルを提供していないRTXシリーズなどでもバージョンアップすることができる。

たまにしかバージョンアップしないのでその方法を以下に書いておきます。

RT57iにログオンしてバージョンアップ

RT57iにログオン

>[詳細設定と情報]をクリックする。

[リビジョンアップの実行]をクリックする。


exeファイルによるバージョンアップ

YAMAHAルーターの最新ファームウェアサイトでexeファイル(実行ファイル)をダウンロード

ソフトウェアライセンスの確認画面で同意する、同意しないを選択する。今回はRT-Revupperのexeファイル(実行ファイル)をダウンロードする。WINDOWS用とMacintosh用がある。

ダウンロードしてexeファイルを起動する。ルーターのアドレスを指定して開始をクリックする。

ルーターを検索して見つかるとパスワードを入力して実行をクリックする。

1~2分で新しいファームウェアが転送され完了する。

binファイルによるバージョンアップ

exeファイルではなくbinファイルをダウンロードする。

binファイルをルーターに転送するためにDOSプロンプトを利用。tftpコマンドを使用するが、あらかじめDOSプロンプトでtftpコマンドを使用するためのPC許可を設定する必要があります。Tera Term proなどを使って設定する。すべてのPCからのコマンドを許可するためには tftp host anyを入力する。コマンドを実行すPCを限定する場合はanyの代わりにPCのアドレスを指定する。
まずTera Term proを起動してRT57iのアドレスを指定する。

その後Passwordを入力して一般モードでログイン。
次に管理者モードに入るためにadministratorを入力してreturnキーを押す。管理者のPasswordを入力すると設定を変更できる。
tftp host anyコマンドを入力してreturnキーを押す。
saveコマンドで保存する。
quitコマンドでTera Term proを終了する。

DOSプロンプト画面で
tftp -i (RT57iのアドレス) put (binファイル) exec
と入力する。今回は192.168.100.1がアドレス、rt80091.binがbinファイルとなっています。

しばらくすると転送完了の画面が出てきます。

この方法だとRTXシリーズでもバージョンアップできますが、exeファイルによるバージョンアップをサポートしてくれたほうが簡単です。

-ネットワーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

YAMAHAルーターCSRF脆弱性

RT57iやRT58iなどの「かんたん設定ページ」やその他の機種でWWWブラウザによるヤマハルーターを設定することのできる機能がある場合、CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)の脆弱性が存 …

no image

岩槻もやっとBフレッツ

今まで岩槻院はADSLを使っていましたが、ときどき通信が途絶えたり、上りの速度が遅いので写真を大量にサーバーに転送するのに時間がかかっていました。去年の12月2007年に岩槻でもようやくBフレッツが利 …

YAMAHAルーター「RTX1210」でポートVLANの設定方法

RTX1210のLAN1ポートは8個あり、通常は同一セグメントのスイッチングハブとして機能します。ポートVLAN機能を使えばポートごとに仮想的に異なるセグメントにすることが可能。会社では部門ごとに異な …

no image

EMONSTER

携帯電話を今話題のイーモバイル「EMONSTER」に換えて約8ヶ月経ちました。イーモバイルは後発の携帯電話会社で、もともとはデータ通信のみから始まった。今は携帯電話として音声も利用できます。ネットブッ …

YAMAHAルーターすべてに使える「tftpコマンド」によるファームウェア更新方法

ファームウェアの更新はRTX1210の「ネットワークの見える化」により簡単にできるようになりましたが、Windowsの「tftpコマンド」を使えばYAMAHA製ルーターすべてにファームウェアの更新をす …

PREV
EMONSTER
NEXT
WiMAX
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Top