ネットワーク

岩槻もやっとBフレッツ

投稿日:2008年1月23日 更新日:

今まで岩槻院はADSLを使っていましたが、ときどき通信が途絶えたり、上りの速度が遅いので写真を大量にサーバーに転送するのに時間がかかっていました。去年の12月2007年に岩槻でもようやくBフレッツが利用できるようになりました。ADSLに比べると安定しており、スピードも十分。これで自宅、武蔵浦和、岩槻と3拠点でBフレッツでつながり、十分なスピードを何に使うか考えています。

今までインターネットVPNで3拠点をつなげていましたが、今年からはNTTのフレッツグループアクセスライトを使ったVPNに変更しました。グループアクセスライトは1拠点735円でとても安い。インターネットVPNはいくら暗号化しているとはいえ、誰でも通信できるインターネットなので、100%安全を保証するものではありません。フレッツグループアクセスだとNTTの閉域網を使うのでセキュリティもアップするし、ベストエフォートのインターネット網と比べると、スピードもアップしています。グループアクセス間の接続ならプロバイダー契約の必要もありません。LAN間接続もグループアクセスプロでなくてもライトでOKです。グループアクセスの中でIPsecやPPTPを利用して暗号化することも可能ですが、ある程度信頼できるNTT閉域網の中でわざわざPPTPやIP Secを利用したトンネルを作成するのは、スマートなやり方ではありません。 この問題を解決するために、ip over ipを使ったトンネルで対応可能です。IP over IPとは暗号化をしないでトンネルだけを作成することです。

今まではインターネットVPNを実現するためにプロバイダーを3契約していましたが、2つ解約して、1契約としました。プロバイダーはインターリンクで固定アドレス1個の契約で2100円なので、2100円×2カ所=4200円の節約になり、グループアクセスライト3契約の735円×3=2205円増えても、約2000円通信費コストダウンとなりました。3拠点間の通信はグループアクセスを利用し、インターネットの接続は1カ所だけにすればいいわけです。グループアクセスを通って1カ所から外に出ていけば3拠点どこからでもインターネットにつながります。1拠点からしか外に出ていかないので、セキュリティのチェックも1カ所だけですみます。

以前はそれほどでもなかったのですが、不正アクセスにひっかかっているパケット(ポートスキャン他)も見受けられます。YAMAHAのルーターはファイアーウオールも強固なので比較的安心です。本当はハードウェアのファイアーウオールを使った方がより安全なのかもしれませんが、以前使っていたCISCOのPIX515は音がうるさすぎて、とても自宅では使う気になれません。

-ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

固定アドレス

インターリンクで固定アドレスを契約していますが、ISP料金+固定アドレス1個で2100円は業界最安値です。固定アドレスを何に使うか? 目次1 固定アドレスでできること1.1 1.インターネットVPN1 …

YAMAHAルーター「RTX1200」の管理者パスワードがわからなくなった場合

Ipv6折り返し通信に使っているRTX1200の管理者パスワードがわからなくなってしまった。昨年の2016年11月からIPv6折り返し通信のみで運用していて、一度も途切れたことがないのでそのままにして …

Net Analyzer for iOS

LAN情報を調べるのに、WindowsだとNetEnum4が便利なのですが、iOS用の無料アプリ「Net Analyzer」も同様の機能を備えています。検索時間も速くて、NetEnumでは検索されなか …

FFFTPの設定を他のPCに移行

FTPクライアントソフト「FFFTP」を他のPCで使う場合、設定をやり直すのは面倒くさい。古いPCのFFFTPの設定をファイルに保存して新しいPCに復元することができます。 目次1 FFFTPの設定を …

YAMAHAルーター「RTX1210」でネットボランチ登録

プロバイダと固定アドレス契約をしている場合はいつも同じIPアドレスでインターネットにつながりますが、通常はプロバイダからあいているIPアドレスがリースされます。普通はそれで問題ないのですが、外からイン …

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Top