ファイルメーカー

FileMaker Pro17のインストール

投稿日:2018年7月2日 更新日:

FileMaker Proの新バージョンは17になりました。最近は短期間でバージョンアップが繰り返されています。ボリュームライセンス契約をしているので、FileMaker Pro 17は全て「FileMaker Pro 17 Advanced」に統一されました。今回はWindowsマシーンに「FileMaker Pro 17 Advanced 64-bit」をインストール。どの程度使い勝手が向上したかわかりませんが、セキュリティ上最新バージョンが好ましいのは間違いありません。

ダウンロードしておいたFileMaker Pro 17 advanced 64-bit版「fmpa_17.0.1.143_x64.exe」を起動して[次へ]をクリック

セットアップ言語の選択
>日本語を選択して[OK]をクリック

[次へ]をクリックしてセットアップを続けます

製品版のところで

  • ユーザー名→起動するごとに表示される※後で変更可能
  • 所属
  • ライセンスキー

を入力して[次へ]をクリック

使用許諾契約書をよく読んで同意のところに☑して[次へ]をクリック

インストール先フォルダの選択、通常はこのままでOKなので[次へ]をクリック

セットアップタイプの選択

  • 完全
  • カスタム

通常は完全を選択して、[次へ]をクリック

ショートカット作成の選択をして、[次へ]をクリック

インストールを開始するために[インストール]をクリック

インストール中・・・

[完了]をクリックするとインストールが完了します

製品登録

  • 後で登録 もしくは
  • 登録

を選択してください

[OK]をクリック

FileMaker Proが起動します

その前に環境設定をしておきましょう。メニューから編集>[環境設定]をクリック

ファイルを開くとき必ず登録されたユーザー名が出るので必要ならばユーザー名を変更しておいてください。その他変更項目があれば適宜変更して[OK]で決定

今回はファイルメーカーサーバーのファイルを開くのでホストをクリック

アカウント名とパスワードを入力してサインイン

ファイルをクリックして開く

アカウント名とパスワードを入力 サインイン

以上でファイルを開くことができました

-ファイルメーカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FileMaker で「条件付き書式」設定をして入力ミスをなくす

ファイルメーカーで入力必須の「フィールド」内容が未入力になっている場合、目立つように表示してくれると便利です。Ver.6までは、未入力チェックフィールドを計算式で作成して、そのフィールドを目的のフィー …

エクセルを使わないでFileMakerで日付表を自動作成するスクリプト

勤務表もFileMakerで作っていますが、今までエクセルで1年分の勤務表データを作成後FileMakerにインポートする形をとっていました。使用しているPCがWindows10 64bitになり32 …

FileMaker Server 9 Advancedをインストールしたが起動しない!

FileMaker9が使えるようになったので、今回はFileMaker Server 9 Advancedを別のPCインストールしてみました。

FileMaker Pro16をインストール

FileMaker Pro 16がリリースされています。ボリュームライセンス契約をしているので、FileMaker Pro 15に続きFileMaker Pro 16も無料でダウンロード。 ファイルメ …

File Maker 9をいまさらながらインスールしてみた!

File Makerの最新バージョンはVer.13ですが、事情があっていまだにVer.6を使っています。Ver.9まではアップグレードは済ませているので、いまさらながら使ってみようかな?と思ったわけで …

2020年7月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。