ファイルメーカー

FileMaker Pro17のインストール

投稿日:2018年7月2日 更新日:

FileMaker Proの新バージョンは17になりました。最近は短期間でバージョンアップが繰り返されています。ボリュームライセンス契約をしているので、FileMaker Pro 17は全てFileMaker Pro 17 Advancedに統一されました。今回はWindowsマシーンに「FileMaker Pro 17 Advanced 64-bit」をインストール。どの程度使い勝手が向上したかわかりませんが、セキュリティ上最新バージョンが好ましいのは間違いありません。

ダウンロードしておいたFileMaker Pro 17 advanced 64-bit版「fmpa_17.0.1.143_x64.exe」を起動して[次へ]をクリック

セットアップ言語の選択
>日本語を選択して[OK]をクリック

[次へ]をクリックしてセットアップを続けます

製品版のところで

  • ユーザー名→起動するごとに表示される※後で変更可能
  • 所属
  • ライセンスキー

を入力して[次へ]をクリック

使用許諾契約書をよく読んで同意のところに☑して[次へ]をクリック

インストール先フォルダの選択、通常はこのままでOKなので[次へ]をクリック

セットアップタイプの選択

  • 完全
  • カスタム

通常は完全を選択して、[次へ]をクリック

ショートカット作成の選択をして、[次へ]をクリック

インストールを開始するために[インストール]をクリック

インストール中・・・

[完了]をクリックするとインストールが完了します

製品登録

  • 後で登録 もしくは
  • 登録

を選択してください

[OK]をクリック

FileMaker Proが起動します

その前に環境設定をしておきましょう。メニューから編集>[環境設定]をクリック

ファイルを開くとき必ず登録されたユーザー名が出るので必要ならばユーザー名を変更しておいてください。その他変更項目があれば適宜変更して[OK]で決定

今回はファイルメーカーサーバーのファイルを開くのでホストをクリック

アカウント名とパスワードを入力してサインイン

ファイルをクリックして開く

アカウント名とパスワードを入力 サインイン

以上でファイルを開くことができました

-ファイルメーカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FileMakerのタブコントロール機能を使ってレイアウトをスッキリさせよう

FileMakerの「タブコントロール機能」はすごく便利ですよ! レイアウトの数は一つで済む し、カテゴリー別に配置するとスッキリします。かかる時間も10~15分で実現できるので、 …

日本郵便から郵便番号データをダウンロードしてFileMakerに取り込む方法

ファイルメーカーで郵便番号を入力したとき、都道府県名や市区町村データが自動入力されれば入力の手間が省けます。その前提として郵便番号データが必要になるのですが、日本郵便でデータが公開されていますのでダウ …

FileMaker でボタンバーを設定

ファイルメーカーでナビゲーションを作るには以前のバージョンだとちょっとしたコツが必要でした。□のブロックを作って、背景色を塗りつぶし、ボタンを設定することで画面変更とかを実現していました。 下の場合だ …

no image

FileMaker Serverのバックアップ

1997年に開院して10年になりますが、いきなりFileMaker Server専用PCが壊れてしまいました。他のパソコンを使っていたとき、サーバー専用PCが勝手に何回かリセットして、WINDOWSが …

FileMaker Server 9 Advancedをインストールしたが起動しない!

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Top