VPN

Chromeリモートデスクトップ

投稿日:

YAMAHAルーター「RTX1210」を使ってL2TP/IPsecによるリモートアクセスができるように設定していますが、相手先のPCがWindows Homeエディションだとリモートデスクトップができません。VAIO S11がHomeエディションだったのでリモートデスクトップをするためにはWindows 10 Proにアップデートする必要があるのですが、わざわざ購入するのもどうか?と思い、今回はWindows10 HomeのPCに「Chromeリモートデスクトップ」をインストールして外からリモートアクセスできるように設定してみました。この方法の利点はVPNの知識は全く必要ないことです。ほかにも有名な「TeamViewer」などがあります。

chromeリモートデスクトップ(サーバーの設定)

操作される側PCに「Chrome Remote Desktop Host」のインストールが必要です。

まずchromeウェブストアから[+ CHROMEに追加]をクリック

[アプリを追加]をクリック

[Chrome リモート…]をクリック

[利用を開始]をクリック

[リモート接続を有効にする]をクリック

[同意してインストール]をクリック

ダウンロードされたアプリのインストールが必要でした

ダウンロードされた「chromeremotedesktophost.msi」をインストールしてください

6桁以上のPINを2回入力してください。簡単なPINを設定すると他の人からアクセスされてしまうリスクがあるので、なるべく長いPINを設定してください

以上でchromeリモートデスクトップの操作される側のPCの設定が完了しました

chromeリモートデスクトップ(クライアント設定)

Windowsからリモートデスクトップ

chrome://appsにアクセス
>Chromeリモートデスクトップを起動

[アプリを追加]をクリック

マイコンピューター
>[利用を開始]をクリック

リモートするPCをクリック

設定したPINを入力
>[接続]をクリック

iPhoneからリモートデスクトップ

アプリをダウンロードしてください

リモートデスクトップをするPCを選択してクリック

PINを入力

リモートデスクトップができるようになりました。アクセスされるPCには以下のような表示が出るのでリモートアクセス中かどうかわかるようになっています。

 

-VPN

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YAMAHAルーター「RTX1200」を使って「IPv6折り返し通信」L2TPv3の設定方法(ソフトイーサーOPEN DDNS利用)

拠点間を接続をする方法として、専用線以外では インターネットVPN VPNワイド(旧サービス:フレッツグループアクセス) などが利用されていますが、PPPoE接続をする必要があるために20-30Mbp …

no image

プロバイダー

インターリンクを使って5年以上経ちますが、月々2100円で固定アドレスを1個もらえるプロバイダーは他にありません。 固定アドレスはクリニックと自宅との間のVPN(virtual private net …

インターネットVPN

フレッツグループアクセスを使うようになり、インターネットVPNは使う必要がなくなりましたが、configを残しておきます。 センター拠点を中心とした「スター型インターネットVPN」構成です。 目次1 …

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Top