Dropbox

Dropbox

投稿日:2010年1月26日 更新日:

会社のPCで作成途中のファイルを持ち帰り、自宅で作業したい場合どのようにすればいいのでしょうか?

  • USBメモリに保存
  • ファイルをCD-RもしくはDVD-Rに焼く
  • GmailなどのWEB-mailでメールに添付
  • 外部のファイル転送サービスを利用

等が考えられます・

一般的にデータの一元化にはUSBメモリを持ち歩き、必ずUSBメモリに保存する方法をとっている人が多いと思いますが、USBメモリを忘れるとどうしようもない。クラウド上のサービスとしてDropBoxを使うと解決できそうです。DropBoxを利用することによって、データの一元化とバックアップが同時に解決します。

Dropboxサービスとは

インターネット上のサーバー側ととローカル側のPCで同期をとるしくみになっています。家と会社のPCにDropboxを導入すると、ファイルは家のPC、会社のPC、インターネットのサーバーの3ヶ所に保存され、万が一PC側のファイルが壊れても、他のPCやサーバーにデータが 残っている。自動で同期してくれ、2GBまでなら無料で利用できます。エクセルやワードを使っている人はすごく便利になります。 最近はクラウド化がどんどん進んできました。

家のPC

  1. DropBoxを家のPCにインストール
    →最初は新規のアカウントを取得
  2. My documentの中に専用のフォルダMy Dropboxが自動で作成される
    →そこにデータを保存
  3. インターネット上にあるサーバーにデータが自動的に保存
  4. サーバーとの通信はSSLによるAES暗号化通信なので、セキュリティの問題もクリア

会社のPC

  1. インストールすると家のPC同様専用のフォルダMy Dropboxが自動でできる
  2. 家のPCで取得したアカウントでログオンしてDropBoxをインストール
  3. 会社の専用フォルダにサーバー上のファイルが同期してダウンロードされる
  4. 専用フォルダのファイルを開いて保存すると、サーバー側に転送され家のPCも同期

 

-Dropbox
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Dropboxは「選択型同期」も可能

容量の少ないノートPCの場合、Dropboxのフォルダをすべて同期できない場合もあります。外付けのHDD、大容量のSDカードにDropboxフォルダを置いてもいいのですが、ノートPCの場合外に持ち出す …

Dropboxのセキュリティ

Dropbox 側のアップデートの不具合により、4時間ほど任意のパスワードでアクセス可能になっていたらしい。もちろんアクセスするためにはログインID(Dropboxの場合は登録メールアドレス)を知らな …

Dropboxの2段階認証

ネットの情報が簡単に漏洩してしまうことが多くなり、セキュリティ上危なっかしくなってきました。100%安全は無理ですが、出来る限り防衛するようにしましょう。 Dropboxも何年か前に、ある時間帯にフリ …

フォトストリームをDropboxフォルダに保存

iPhoneで撮った写真はiCloudのフォトストリームを使えば、WiFi接続になった時点でクラウド側のフォトストリームに保存してくれる。iPadを持っていれば、フォトストリームを有効にすることにより …

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Top