Dropbox

Dropboxのセキュリティ

投稿日:2011年7月4日 更新日:

Dropbox 側のアップデートの不具合により、4時間ほど任意のパスワードでアクセス可能になっていたらしい。もちろんアクセスするためにはログインID(Dropboxの場合は登録メールアドレス)を知らないとログインできない。メールアドレスはいろいろなサイトに登録していたりするので、知られてしまっている可能性は十分考えられます。

今回のようにパスワードがフリーパスになってしまう場合はまれなことなのでしょうが、クラウドサービスを利用する限り、万が一に備えて対策を施したほうが良さそうです。

対策

  1. 重要なファイルはDropBox上におかない。銀行、金融関係書類や名簿とか個人情報満載のファイルは避けたほうが無難。
  2. IDを長くて複雑な文字列にする。通常のメールアドレスだと固定されてしまうのですが、Gmail の「+」記号で作るエイリアスを利用するとIDをパスワードとして利用できます。例えばGmailのアドレスがabc@gmail.comだとします。DropBoxの登録IDアドレスをエイリアスを使い、abc+1afrrewhhjjuuuioool177725366648883388499djdjjffjuehhdggebegf@gmail.comのように+のあとに適当な英数字文字列を追加して登録すれば、IDアドレスもパスワードと同等の機能になるかもしれません。
  3. TrueCryptを利用してファイルを暗号化する。データが漏洩してもあらかじめ暗号化をかけておけば中身を見ることは困難

-Dropbox

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Dropboxは「選択型同期」も可能

容量の少ないノートPCの場合、Dropboxのフォルダをすべて同期できない場合もあります。外付けのHDD、大容量のSDカードにDropboxフォルダを置いてもいいのですが、ノートPCの場合外に持ち出す …

Dropbox

会社のPCで作成途中のファイルを持ち帰り、自宅で作業したい場合どのようにすればいいのでしょうか? USBメモリに保存 ファイルをCD-RもしくはDVD-Rに焼く GmailなどのWEB-mailでメー …

フォトストリームをDropboxフォルダに保存

iPhoneで撮った写真はiCloudのフォトストリームを使えば、WiFi接続になった時点でクラウド側のフォトストリームに保存してくれる。iPadを持っていれば、フォトストリームを有効にすることにより …

Dropboxの2段階認証

ネットの情報が簡単に漏洩してしまうことが多くなり、セキュリティ上危なっかしくなってきました。100%安全は無理ですが、出来る限り防衛するようにしましょう。 Dropboxも何年か前に、ある時間帯にフリ …

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Top