PPTP

iPhoneでリモートデスクトップ

投稿日:2010年3月13日 更新日:

iPhoneでは標準でVPN接続ができるようになっていますが、iPhoneでVPNを何に使うか?一番便利なのはリモートデスクトップで、遠隔のPC画面をそのまま表示することができます。Windowsの場合だとリモートデスクトップのクライアント機能は標準で装備されているが、サーバー機能はXpだとprofessional、Vistaだとbusiness以上、7だとprofessionalでないと装備されていない。
iPhone用にはWindowsのリモートデスクトップのクライアントソフトが用意されている。RDPというRemote Liteです。

操作方法

遠隔のPCに接続するためには、VPN接続による暗号化通信が必須ですが、iPhoneならPPTP接続設定は簡単。PPTPによるvpnリモートアクセスをするためには、セグメントの違うネットワークから接続する必要があります。例えば遠隔サーバー側のPCのプライベートアドレスが192.168.1.0/24ならクライアント側は192.168.2.0/24とプライベートアドレスをずらさないといけない。

  1. iPhoneから3G回線に接続し、VPN接続をONにする。
    内部のWiFi接続をすると同じセグメントになるのでVPN接続をしようとしてもできないからとりあえず3Gから接続する。
  2. iPhoneのRemote liteを起動して、Windowsのリモートデスクトップサーバ-が起動しているPCのプライベートアドレスを指定する。
    これだけでiPhoneの画面にPCのデスクトップが現れます。もちろんタッチパネルも使用できるのですが、やや反応が悪い。通信速度の問題と思われるがPCからリモートデスクトップをしたときのようにはいかない。確認できるだけましと思って使うしかない。

-PPTP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

iPhoneでVPN接続(PPTP)するための設定

iPhoneには「VPN機能」が標準で装備されているので、会社や自宅のPCにiPhoneでVPN接続して、安全にデータのやりとりをすることができます。iPhoneではL2TP、PPTP、IPsecが利 …

no image

PPTPによるリモートアクセス

前回紹介した「Flebo」を利用したフレッツ・グループアクセスは「NTT閉域網」によるレイヤ2VPNなので、インターネットVPNに比べると信頼性は高い。暗号化をしなくても、中の人以外はデータをみること …

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Top