老犬のおもらし対策

投稿日:2015年6月13日 更新日:

我が家の老犬は12歳4ヶ月になり、今まで病気もなく元気に生きています。ただ足腰はさすがに弱くなり、特に後ろ足は人間同様足を上げて歩くのがつらくなってきました。長い時間散歩に行っていると、後ろ足をひきずって歩いています。それでも散歩に行きたがるのは犬の習性なのでしょうが、小屋に入れているとおしっこを漏らすようになりました。犬はもともとはきれい好きなので、おしっこや糞をすると気になって仕方がないようです。糞はともかくおしっこで夜中起こされるのも大変なので、対策をしています。

一番いいのは小屋のトレイにおむつを敷いて、その上にすのこをおいてやるとおしっこをしても気にならないようです。普通の木のすのこだと重いし、濡れたままになってしまいますので、東プレ 『お風呂用カラッとすのこ』 ソフィット ブルー SKB-11を使っています。軽いし、すぐに乾き、犬もスッキリですね!

20150606_112337_水色すのこ

トレイの大きさに合わせて、カッターでちょうどの大きさで切って使います。

排水する縦長の穴がたくさんあり、細かい排水路もあるためすぐ乾きます。

おすすめです。

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1歳になる愛犬の新しいケージを購入

去年の9月から飼ってる犬が1歳になり、体重も30kgを超えた。今までのケージだと高さが足りなくなり、ネットで新しいケージを購入を検討して「トムクレイト5000」に決定。さらに大きな6000もあります。 …

愛犬のフィラリア対策

フィラリアに感染した蚊に刺されることにより、ワンワンはフィラリアに感染します。蚊に刺されないような環境にしてあげるのがいいのすが、現実的には無理ですね。ワンワンは三度のお食事よりも散歩が好きですから、 …

犬の歩行補助ハーネス(後足用)

犬も高齢になると、足を引きずって歩くようになります。たいていは後ろ足から弱くなるので、放っておくと足の筋力が低下して、そのうち歩かなくなります。犬は散歩が大好きなので、「歩行補助ハーネス」などを使って …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Top