愛犬のフィラリア対策

投稿日:

フィラリアに感染した蚊に刺されることにより、ワンワンはフィラリアに感染します。蚊に刺されないような環境にしてあげるのがいいのすが、現実的には無理ですね。ワンワンは三度のお食事よりも散歩が好きですから、公園とかで必ず蚊に刺されているはずです。

フィラリアに感染しても心配はありません。感染して幼虫が成虫にならなければ薬により駆除できるからです。感染して1ヶ月以内に薬で駆除してあげれば大丈夫。フィラリアの薬は感染予防ではなく、感染した後の駆除薬なのですね。

フィラリアの薬には、大きく分けると「錠剤タイプ」と「チュアブルタイプ」があります。

錠剤だとだんごになるような餌を買ってきて、その中に錠剤を忍び込ませ、食べさせます。チュアブルタイプは餌のようになっていて、あらかじめビーフ味とかチキン味とかの味がついているようです。アレルギーがなければ、こっちのほうが使いやすいかもしれません。

フィラリア薬

いつも使っているのは「カルドメック チュアブルP」

20150601_080046_犬フィラリア

20150601_080113_犬フィラリア 20150601_080121_犬フィラリア

餌用の容器にチュアブルタイプを餌の大きさくらいに切って入れます

20150601_080325_犬フィラリア

容器の中にいつも食べている餌を入れて混ぜておきます

20150601_080350_犬フィラリア

2匹以上飼っている場合は、1匹づつがいいかもしれません。他の犬が横取りすることもあるからです。

20150601_080435_犬フィラリア

最後に全部食べたかどうか確認します

20150601_080640_犬フィラリア

時間がある場合は、犬が餌を吐いたりしていないか確認するといいでしょう。吐きグセのある犬はいつもの量より少なめにしておきます。

投与時期

蚊は15℃以上で活動し始めるので、4月に蚊が発生した場合、5月に投与すれば間に合うのですが、獣医さんに聞いてみると5月の末から6月初めに初回投与をすればいいようです。

うちのワンワンも6/1に開始して12/1まで1ヶ月毎に7回投与していますが、今までにフィラリア症になったことはありません。投与するのを忘れないようにするために月初もしくは月末と決めておいたほうがいいですよ!

 

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1歳になる愛犬の新しいケージを購入

去年の9月から飼ってる犬が1歳になり、体重も30kgを超えた。今までのケージだと高さが足りなくなり、ネットで新しいケージを購入を検討して「トムクレイト5000」に決定。さらに大きな6000もあります。 …

犬の歩行補助ハーネス(後足用)

犬も高齢になると、足を引きずって歩くようになります。たいていは後ろ足から弱くなるので、放っておくと足の筋力が低下して、そのうち歩かなくなります。犬は散歩が大好きなので、「歩行補助ハーネス」などを使って …

老犬のおもらし対策

我が家の老犬は12歳4ヶ月になり、今まで病気もなく元気に生きています。ただ足腰はさすがに弱くなり、特に後ろ足は人間同様足を上げて歩くのがつらくなってきました。長い時間散歩に行っていると、後ろ足をひきず …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Top